***ペットシッターももはる***

よくある質問:Q&A

◎2016/6/25 更新

 

どんな人が来るか不安...

 

A  初めてご利用の方とは、必ず「事前打合せ」でお会いし シッター身分証の提示と詳しい説明を行います。

実際にシッターに会い話を聞かれてみて、少しでも不安が残ったり ペットを任せられないと感じられた場合はお断りしていただいてかまいません。

 【参考】シッター自己紹介

 

他の人になつかないけど大丈夫?

 

A  打合せ時に直接ペットに会わせていただいてお引き受けできるかどうか判断いたします。

シッターが来ることでストレスをかける・攻撃的になる等が見られる場合は、残念ながらお断りすることもございます。

 

 

犬や猫以外もお願いできる?

 

A  はい、小動物・鳥・爬虫類・昆虫のお世話も可能な限り承ります。

ただし、専門的な知識や経験がないとシッティングが難しい場合には、お断りさせていただくこともございます。

また、熱帯魚等は餌やりのみで、水槽の清掃や水の入れ替えは技術的な問題が多いため行っておりませんので、ご了承ください。

 

予約しないとダメなの?

 

A  はい、直前または当日のご依頼には対応できません。

ご依頼日が決まられましたら一週間前までには、ご連絡をお願いいたします。

1ヶ月以上前にご予約いただいた方は、1回の基本料金の10%を割引きいたします。

【参考】予約状況

 

来てもらう時間は指定できる?

 

A  はい、可能です。

指定されなくても「だいたい何時頃」という形ではお知らせしております。ただし、前のお世話が長引いたり交通状況によっては遅れることもございます。

どうしても「この時間に」と希望される方へは、訪問時間指定(500円)のご利用をおすすめいたします。

 

投薬や点眼もしてもらえる?

 

A  ペットの状態にもよりますが、できる限りご要望には応じます。

ただし、打合せ時とお留守番時では様子が変わる子もいますので、できない可能性もございます。 

 

小動物をゲージから出して遊んでもらえる?

 

A  打合せ時に実際に出されている様子を拝見し、脱走や事故の危険性がないと判断できた場合のみ承ります。

 

お世話中にペットの具合が悪くなったら?

 

A  まず、飼い主さまにご連絡を取り指示を仰ぎます。

ご連絡がつかない もしくは シッターが緊急だと判断した場合は、かかりつけの病院へ連れて行きます。

そのため、持病や体調の変化など気になる点がある時は必ず事前にお伝えいただきますようよろしくお願いいたします。 

 

心配なので一日中居てほしい...

 

A  基本的には一回の訪問で1時間の滞在です。

「もう少し長く」とのご希望には時間延長(30分500円)で対応いたしますが、スケジュールとの兼ね合いもあり丸一日滞在してのお世話は出来かねます。申し訳ございません。

 

 

ペット禁止のアパートに来てもらえる?

 

A  はい、訪問可能です。

打合せで普段どのようにされているかお伺いし、周囲にも配慮してお世話いたします。

 

 

猫の爪切りを頼みたい

 

A  飼い主さまが爪切りできない子や元々お手入れに慣れていない子の場合、シッターでも難しいです。挑戦はしてみますが、できなくてもご容赦ください。

もし、二人がかりならば可能という子でしたら、契約時に飼い主さまとご一緒にさせていただきますのでお申し出ください。 

 

留守宅に他人が出入りするのが心配...

 

A  ペットシッターに限らず自宅に出入りした者による窃盗等のニュースを耳にすることもありますし、不安に感じられるのは当然だと思います。

そのため、事前打合せで面談し、書類のやり取りや会話をする中で安心し信用していただけるよう最善を尽くしております。また、シッティング中に許可なく他の部屋に入ったり、関係ないものを触ったり移動させたりはいたしません。

それでも不安が消えない方へは、恐れ入りますがペットシッター以外の方法(ペットホテルや知人に預けるなど)をオススメいたします。

 

 

「打合せ」は毎回必要?

 

A  初めてご利用の際は、詳しいお世話内容とペットと直接会ってお引受けできるかどうか確認をするためにも必ず飼い主さまのお宅に伺って行います。

二回目以降の方の場合、大きな変更もなくペットの状態にも変わりがなければ打合せは省略可能です。

【参考】ご利用手順 

 

いつ頼むか分からないけど話だけ聞いておくことはできる?

 

A  はい、ペットシッターはまだ馴染みのない方も多いですし、話だけでも聞いてみたいということでもかまいません。

また、たとえば急な用事(親戚の不幸や緊急入院など)でペットを置いて行かなければならないときに困ることのないよう事前に「打合せ」をしておいていただきますと、シッターも速やかに対応できます。

 

 

◆ご不明な点がございましたら遠慮なくお問合せください。