***ペットシッターももはる***

はじめに


ペットのお世話ができない時、どうしていますか?


ペットホテル・動物病院・親戚や友人に頼む など

色々ある選択肢の中に、ぜひペットシッターも加えてください。

 

ペットシッターサービス

動物は環境の変化にとても敏感です。

特に臆病だったり神経質な子は、住み慣れたおウチ以外で過ごすことにかなりストレスを感じます。

 

そんな時、シッターがご自宅に伺い、飼い主さまに代わっていつも通りのお世話をいたします。

ペットの様子もご報告しますので、安心してお任せください。

 

また、在宅時のお散歩代行、動物病院等への送迎も承ります。

 

*お客様のプライバシーは厳守いたします。

*ご利用は予約制です。当日のご依頼はお受けできません。

*お預かり・しつけ・トリミングはしておりません。

 何卒ご了承ください。


ペットシッター士総合補償制度(保険)に加入しています。

 

 

 

 

>> シッター自己紹介へ 


ペットホテル等との違い

メリット

  • いつもと同じ環境で過ごせるため、必要以上にストレスをかけなくてすみます。
  • 預けないので送り迎えの必要がありません。
  • おウチに伺うので、その子の個性や状態に合わせたお世話ができます。
  • 「お散歩だけ」など ピンポイントの依頼も可能です。
  • 日誌やメールでペットの様子を知らせる無料サービスがあります。
  • お世話と併せて、不在時の部屋の換気・郵便物の取り込み等も承ります。
  • ご要望により、夜間・早朝の対応も致します。

デメリット

  • 留守宅に他人が出入りします。
  • 家の鍵を預けなくてはなりません。
  • 目が行き届くのは訪問時のみです。
  • 個人対応のため出来ることに限りがあります。

 


衛生管理

  • いつもの場所で過ごすので他所の動物との接触による病気感染リスクが抑えられます。
  • シッター自身が病気を媒介しないよう訪問のつど 手の消毒、エプロンや靴下(場合によっては衣服)の取り替えをします。
  • ペットが過ごす環境が不衛生にならないよう配慮し、お世話時に出たゴミは持ち帰ります。


 

シッターに頼むか、ホテル等に預けるか

ご自分のペットに合った方を選んであげてください。

 

 ≫≫ お世話内容こちら

 

≫≫ シッティングの様子はこちら